コース案内

コース案内

コース名 学習内容 主な受講講座
基礎講座   幾何形態を中心とした鉛筆デッサンを行います。あらゆる形態の基本形となる幾何形態(円錐、円柱、直方体、立方体、球体等の石膏像)の構造や立体感を理解しながら描写していくことで、モチーフデッサンの基礎を学びます。 鉛筆デッサン
木炭デッサン
日本画   鉛筆デッサンを中心とした描写を学びます。その上で、透明水彩絵具による着彩画の対策を行います。自然物や人工物の色味や質感を丹念に観察し、鉛筆や色彩による描写を実践していくことで日本画の基礎を身に付けていきます。 鉛筆デッサン
着彩画
油彩画   木炭デッサンを通じて、光と影の関係や、画面における構図の問題などの基礎を学びます。また、油絵の具の使い方や、油絵の具の特性を学び、作者の感性を大いに表す油彩画作りを目指します。絵画表現は作者の感性が表現に大きく影響するために、基礎をしっかりと身に付け、その上で自己表現を実践することが大切です。 木炭デッサン
油彩画
彫刻   木炭による石膏像のデッサンを中心に、形態の構造や動きを3次元的に捉える感覚を養っていきます。彫刻においてはモノの表面にとらわれることなく、そのモノの内部構造に関心を寄せ、理解し、デッサンや、塑像を通じて3次元空間に構築できなければなりません。 木炭デッサン
立体構成
デザイン工芸   鉛筆による静物デッサンや石膏デッサンを中心とし、モチーフの持つ形態感や質感、および空間を理解し、表現していくことを学びます。また、多様な専攻に応じた専門実技の対策を徹底的に行います。例えば、色彩構成や立体構成を通じて、2次元、3次元におけるデザイン表現を基本とし、各専攻に応じて対応、展開していきます。 鉛筆デッサン
平面構成
立体構成
着彩画
映像   鉛筆デッサンによる、基礎的描写力を獲得した上で、自由な発想のビジュアル表現や空間表現の対策を行います。コラージュ作品の制作や、テーマによる発想表現等、幅広いテーマを経験することが重要です。また、映画をはじめとする映像作品の鑑賞も重要な対策のひとつです。 鉛筆デッサン
平面構成
立体構成
教育学部   教員養成を目的としているため、幅広い対策が求められます。鉛筆や木炭によるデッサンをはじめとし、絵画表現や彫刻表現、またデザイン表現と大学により多様な実技試験が課せられます。また、面接および小論文の対策も行います。そのために、日頃から多方面に関心を寄せておく必要があります。 鉛筆デッサン
木炭デッサン
油彩画
着彩画
平面構成
立体構成
芸術学   芸術全般に対する興味と関心が不可欠であり、講師との対話を重視しています。その過程で、デッサンや色彩・立体構成などの実技も実践します。また、美術館等への鑑賞や作品集や論文、新聞等での学習も重要です。小論文形式の入試が一般的であるため、それらの経験を自分の実感を伴った文章表現として書き上げる訓練を行います。また、面接対策も行います。 鉛筆デッサン
平面構成
立体構成
※デザイン・工芸コースには、視覚、製品、空間、建築、陶芸、金属工芸、漆芸、染色、テキスタイル等を含む。
〒910−0018福井市田原1丁目12−5
申込み・問合わせ先 山田 ひろみ
携帯 090−6276−2335